2014년 9월 20일 토요일

古事記・日本書紀・万葉集에서의 사이시옷(및 반시옷)의 用例

사이시옷(ㅅ 또는 반시옷 ) : 뜻은 없고 앞말과 뒷말을 이어주는(또는 冠形格音素.

1. 사이시옷

於伎渚尓(#3348)
可美氣努(#3404,#3405,#3407,#3415, #3417,#3418,#3420,#3423)
可美氣野(#3406) = 賀美家野(#3412) = 可美家野(#3434) 
之母家野(#3424) = 志母家<努>(#3425)
等保安布美(#3429)
於吉麻可母能(#3524) ; 麻可母 = 鴨(まがも) 

白波(#83, #294)
藻毛(#162)
浪(#303)
白浪(#306)
三食國(#934), 御食國(#933, #3234)
菅浦(#1734)(しほすか) 
湍音乎(#1878)
領巾毳(#2041)
狭野鳥(#3791)

御門跡(#174)
意枳布可延乃 (#813)
等富比等(#857)
得保必等(#871)
波奈豆麻奈礼也(#3370)
登保比等(#3947)
五百綱波布, 五百々奈波布(#4274)

鹿野由(#917) =  雑賀野ゆ(삿가마에유) 
鹿乃浦尓(#1194) = 雑賀の浦に(さかのかに)
路乃(#1781) = 道の 

佐怒登理(記 上-4) = 狭野鳥(#3791)
爾波登理(記 上-4)
淤岐登理(記 上-4)
於岐登理(記 上-4)
宇沙比古・宇沙比賣(記 中-1)
建吉備日子命(記 中-1)
大吉備日子命(記 中-1)
吉備彦命(紀 巻四)

禮智干岐,禮知奈末(紀 巻十七)

菜採兒(#0001)

2. 반시옷()

野毛(#253) (いなも) 
*참조1  稲見野能(#938) = 印南野者(#1178) = 印南野乃(#1179)

都麻(#509) (いなま) (4音節) 
참조2 伊奈美嬬(#942)

댓글 없음: