2016년 5월 22일 일요일

古事記・日本書紀・万葉集에서의 重用(重角 ; かつ; kassu)의 用例

古事記・日本書紀・万葉集에서의 (重角 ; かつ; kassu)의 用例


*尓苦有者(万葉集 21) : 오래도록 미워하면
  にくくひさば  > にく

*不相(万葉集 310) : 아니본지오래라

  ふあひひさみ > ふあさみ(fuaHIsami)

*不見久有(万葉集 311, 1785)(ふみひば ; fumihiSAba) : 아니본지오래면
 不見日久弥(#3995)(ふみひみ; fumihiSAmi)) 아니본지오래라
 
*梶之音曽(#1152) 
 かぢのおとぞ > かぢのと
*梶之音為奈利(#1152) かぢのおとすなり > かぢとすなり

美知久能(#3437), 陸奥之(#396)
 みちのおくの > みちくの

 * 宇知尓尓毛(#3926) = 内尓外尓母(#4285)
      宇知尓尓毛 = 宇知尓毛(mo) + (soto)尓毛


遠音尓毛(#531,#4214)
 とほおとにも   >   ととにも

 * 五百都波布(#4274)
   いほつつなはふ < いほなはふ 

cf. 尓布久(万葉集 51)
     (naSSUnifuku)
     (なにふく)

댓글 없음: